愛は恨まず

結婚式のアルバムを作る前に、好きな言葉は何かと花嫁に尋ねた。
彼女はいくつか答えてくれたが、その中で私の心を捉えた聖書の言葉があった。
コリント人への第一の手紙の中の、
愛は寛容であり云々の節の『愛は恨みをいだかない』と言うフレーズだ。

人は誰もが弱く不完全であるから、自分を省みず人を非難する愚かさを戒める諺のように、
いつまでも人を責めてないけないと云う考えに同感だ。
残念ながら、なぜか己を省みることなく、
事象の全てを人のせいにする人がいるがとても哀しいことだ。

 

私は、言い訳をしない人が好きだ。
苦難にも負げず、愚痴一つこぼさず、
健気に己の道を切り開いている多くの若者を識っている。
授業料、卒業旅行、結婚式、新婚旅行、果ては新居の頭金と、
至れり尽くせりの甘やかされた日本の若者と違い
アメリカの若者に感服する。

 

殺人や強姦といった凶悪犯罪、子供や女性、お年寄りに対する精神的肉体的苦痛、
あるいは動物以下の人間性や倫理観の欠如等
そうした事柄を除き、私たちは人を裁くことは出来ないのではないだろうか。

 

私たちは思春期には、自分の長所や短所が見えてくる。
そして少しづつ努力を重ねる。
たとえ大失敗をしても、それは恥ずかしいことではない。
人間の本当の真価は、それを悔い改めるかどうかだと思う。
シェークスピアの『終われ良ければ全てよし』とは、きっとそう云うことなのだろう。

残念ながら、ありふれた愚かな凡人である私は、
美しい赤ワインのように年と共に円熟することもなく、
煩悩や心配事を背負ったまま、無我の境地の悟りには到達出来ないことだろう。
しかし、もし年齢を重ねる事の良い事悪い事を尋ねられたなら、
様々な経験や多くの人生に触れ、
より寛容に、あるいは想像力をもって人を思うことが出来るようになったこと、
人々との出会いは、如何に自分が多くの人々に生かされてここまで来たのか、
感謝の思いが深まることだと答えたい。

 

Pocket